高齢者はインフルエンザに注意!

インフルエンザの流行状況を常にチェックしておく

 国や都道府県のホームページでは、インフルエンザの流行状況が随時発表されています。インフルエンザの流行シーズンになったら、そうした情報を常にチェックするように心がけましょう。流行のピーク時期であっても、外出が避けられないことも多いでしょうが、不要な外出を控えることは大事ですので、参考になります。
 沖縄では夏にインフルエンザの集団感染があったこともあります。冬だけに流行するとも限らないので、気がついたときにインフルエンザ情報を確認しておきましょう。以前は、医者が勘でインフルエンザかどうかを判断していましたが、検査キットの普及で、確実な診断ができるようになりました。それで、夏にも集団感染することが判明したとも言えます。それまでは、夏だからインフルエンザを疑われることがなかっただけの可能性もあります。
 流行時期なら、それらしい症状が現れたら、自分でもインフルエンザに感染したと判断することができます。しかし、流行しているのを知らずにいたら、季節柄、まさかということで、感染を疑わず、無理をして活動してしまうこともあるでしょう。インフルエンザは安静第一ですので、それでは悪化させてしまう危険もあります。流行状況を把握しておくのは、非常に大事なことです。
 外出するかどうかを自分で決められる場合は、流行状況によって、外出を控え、感染の危険を限りなく減らすことも可能です。保存の効く食料を流行時期前に買い込んでおいて、流行シーズンに外出しないでいれば、感染は防げます。抵抗力のない老人などは、こうした方法で感染を防ぐことも大事でしょう。流行時期に人混みの中に入れば、健康な成人でも感染は防げません。人混みを避けるのが最善の策です。