高齢者はインフルエンザに注意!

高齢者のインフルエンザになった場合の過ごし方

ただの風邪であれば、市販の総合感冒薬で効果が得られますが、インフルエンザの場合は市販の総合感冒薬は効きません。また、市販の解熱剤を服用することで、インフルエンザ脳症やライ症候群を併発する危険があります。インフルエンザは、発症して48時間以内に受診し、医師から処方されるタミフルやリレンザといった抗ウィルス薬を服用すれば、ウィルスの増殖を抑え早めの回復が望めるので、なるべく早く受診することが大切です。
インフルエンザと診断され帰宅したら、室温20~26度程度、湿度50~60%程度に保った寝室で休養します。喉から肺へ続く軌道の湿度が不足すると、気道粘膜が傷つきやすくなり、肺炎球菌などの常在菌が付着しやすくなるので、気道粘膜への加湿に適し、インフルエンザの増殖を抑える効果がある50~60%という湿度を保つのはとても重要なのです。そして定期的に空気の入れ替えをし、長時間ウィルスが浮遊するのを抑えます。
また、汗をかいたらこまめに着替え、その際、水、茶、スポーツドリンクなどの水分を摂取することも重要です。
食欲が出てきたら、消化の良い食事をとります。その際、固い物や餅などの飲み込みにくいものだけでなく、細かく刻んだ野菜といった口の中でバラバラになるものや、海苔などの口の中に張り付きやすいものや、酢の物など喉を刺激するものは誤嚥に原因になるので、食事や水分にとろみをつける市販のトロミ剤や服薬ゼリーを使用し、誤嚥を予防しながら、食事や水分補給、服薬を行うことが重要です。
また、インフルエンザの諸症状により、通常の動作や歩行が困難になることがあるため、室内の足元は整理し、薄明りをつけておき、転倒予防することも大切です。